極主夫道三巻単行本のあらすじとネタバレ!ドラマ化決定!

2020年10月に日テレで放送予定の

”極主夫道”

原作である漫画3巻の登場人物やあらすじ

見どころなどをまとめてみました!

主演はあの玉木宏さんということで

漫画”極主夫道の”登場人物、

あらすじ、みどころをチェックして

玉木宏さんの熱演ぶりを

楽しみにしていきましょう♪

極主夫道単行本三巻の登場人物

3巻の登場人物は主人公の「龍」

妻の「美久」がいつも通り活躍しています。

他にも龍の元舎弟の「雅」

酉井組の姐さん「酉井」

引退した「組長(おやじ)」

ペットの猫「銀」が登場します。

町内の子供やポリキュアショーの役者、

甘党のヤクザなど、モブキャラも満載です。

極主夫道三巻のあらすじ

3巻では、

あのヤクザなスーパー主夫である龍を、

心の底から脅かす強敵が出現!

黒くて素早くて武闘派のアイツに龍が果敢に立ち向かいます。

その他に、ポリキュアショーに参加して

ポリキュアたちのピンチを救ったり、

臨時で引き受けたパートタイムに

いかついヤクザが乱入したりと、

最凶主夫は今回も大忙しの一冊です。

極主夫道三巻の見どころ!

3巻で特に面白いのは

20話の町内子供会のクリスマスパーティの話と、

23話の酉井組の姐さんの話です。

20話ではまず強面の龍がサンタさんの帽子と

エプロンを着て登場する時点で笑えます。

子供たちがサンタを呼んで出てきた龍が

「お控えなすって、メリークリスマス」

と怒鳴り、子供は唖然。

そんなやり取りがいつもながら楽しくてしかたありません。

23話の姐さんも強烈なキャラで、

組を畳んでスーパーに勤める彼女の

上から目線の客商売には、つい笑ってしまうこと必至です。

まとめ

漫画”極主夫道”3巻の登場人物、あらすじ、みどころは・・・

・主人公の「龍」はもちろんだが、サブキャラにも注目したい

・「龍」の奥さんである「美久」もなかなかの強キャラ笑

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました♪

コメントを残す