極主夫道単行本出版社はどこ?作者は?くらげパンチから始まった!

玉木宏さん主演で

ドラマ化で話題の「極主夫道」単行本は

どこの出版社から出ているのか

気になったので、調べてみちゃいました♪

出版社情報はもちろんのこと

作者の方の意外な一面や過去作品などが

チラ見できちゃうサイトもご紹介。

くらげバンチってこのことだったのか!と

納得できるはず!

極主夫道三巻単行本のあらすじとネタバレ!ドラマ化決定!

極主夫道単行本の出版社はどこ?

極主夫道単行本を出版しているのは、

「新潮社」です。

新潮社の主に出版している雑誌や週刊誌は

・ニコ☆プチ(管理人長女が大好きな雑誌笑)

・nicola

・週刊新潮

・月間コミックパンチ

などがあります。

その他、新潮社では

ウェブ系マガジンが充実していて

・コミックバンチ

・くらげバンチ

など、

”無料で読めちゃう漫画”が

たくさん掲載されています!

これは漫画ファンにはたまらないですよね♪

また、漫画の持ち込みを募集していたり

作成する方にも嬉しいウェブサービスに

なっています。

では、そんな新潮社が出している

「極主夫道」の作者は

一体どんな方なのでしょうか?

極主夫道の作者は?

極主夫道の作者は

おおのこうすけさん。

滋賀県出身で、

年齢などは公表されていません・・・

柴犬を飼っているということで

柴犬アイコンにしている

おおのこうすけさんですが・・・

実は動物アレルギーとのことで

普段は愛犬とどう過ごしているのかが

とっても気になりますね・・・

おおのこうすけさんは

なんとアシスタントとして9年活動されたのちに

新潮社の「月刊コミック@バンチ」に

読み切り作品が掲載されたことで

デビューを果たします。

読み切り作品を数作手掛けたあと、

初連載として「極主夫道」が生まれます♪

初連載の「極主夫道」ですが、

今、売れている漫画でなくて

次にくるであろう漫画をユーザー投票で

順位を決める「次にくるマンガ大賞」の

webマンガ部門で3位(2018年)

また、「全国書店員が選んだおすすめコミック」で

2位(2019年)をとるなどの快進撃を続けています!

ジャンルとしては「ギャグ」ということで

コミックバンチの”バンチ読み切りアーカイブス”にて

ちらっと雰囲気が味わえます♪

では、おおのこうすけさんの初連載は

どのコミックで掲載されだしたのでしょうか?

極主夫道はくらげパンチから始まった?

極主夫道は、2018年に短期間の連載として

ウェブマンガサイト「くらげバンチ」で

始まりました。

その後、本連載としてスタートすると

大人気漫画に!!

インタビューなどで、担当編集の方との

二人三脚でキャラ作りなどを練っていたそうなのですが、

「極主夫道」は、

”強烈なキャラクターが欲しい”

”ヤクザというキャラクターはいろいろ使えそう”

といった構想から

ヤクザ×専業主夫

になり、生まれたんだそう♪

今までにはないキャラクターが

確かに新鮮ですよね!

「極主夫道」は現在(2020年7月)

単行本は1巻~5巻まで発売されており、

今も連載中です。

まとめ

極主夫道単行本の出版社は・・・

・新潮社

極主夫道の作者は・・・

・おおのこうすけさん

極主夫道の連載はどこから始まった?

・ウェブマンガサイト「くらげバンチ」

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す