ベーキングパウダーの賞味期限切れは未開封ならいつまで使える?使い道と保存方法も

お菓子作りによく使われるベーキングパウダー。

でも、購入したままの未開封の状態で棚の奥底から見つかり、気づくと賞味期限が切れていて、使えるのかどうか悩んでしまう…なんて人も多いのではないでしょうか?

実は、ベーキングパウダーの賞味期限が切れていたとしても、気を付けておきたいポイントを押さえておけばまだ十分に使えることもありますし、食用以外にも使い道があるんですよ~♪

そこで、今回はベーキングパウダーの賞味期限切れは未開封ならいつまで使える?使い道と保存方法もと題してご紹介していきます。

ベーキングパウダーの正しい保存方法も併せてチェックしていきましょう!

ベーキングパウダーの賞味期限切れは未開封ならいつまで使える?

未開封で賞味期限が切れてしまったベーキングパウダー、いつまで使えるのかと言うと、未開封であれば賞味期限に係わらずずっと使うことができるんです。

その理由は、ベーキングパウダーの場合、多くは「賞味期限」として記されているからです。

賞味期限は「その食品を美味しく食べられる期間」を示していて、基本的には賞味期限が過ぎていても「食べられる」ということになるので、賞味期限切れのベーキングパウダーは未開封ならいつまででも使用することができるという事なんですね。

また、ベーキングパウダーは、無機質のものを多く含んでいるので腐ることはないのも、賞味期限切れでも使って大丈夫な理由です。

ベーキングパウダーの賞味期限切れ未開封のものを使う時の注意点

未開封であれば賞味期限切れに係わらずいつまでも使うことができるべーきんぶパウダーですが、使用の際に注意してほしいのが「きちんと未開封であるか」の確認です。

なぜなら、容器や袋に小さな穴などが開いていたりするとベーキングパウダーが空気に触れてしまい
空気中の水分を取り込んで、膨らます力が弱くなってしまうことがあるからです。

また、虫などが混入してしまうこともあるので、例え未開封のベーキングパウダーであったとしても、

・袋に穴などが開いていないか?

・虫などの混入がないか?

この2点に気を付けてチェックをしてから、使用するようにしてくださいね♪

もし、ベーキングパウダーが未開封で賞味期限が切れていてちゃんと膨らむのかが気になるときには確認する方法があるのでご紹介しますね!

【ベーキングパウダーが膨らむ力が残っているかの確認方法】

① コップやお皿などに小さじ半分くらいのベーキングパウダーをいれる。

② 熱湯を40㏄ほど入れる。

ここで、シュワシュワと泡が湧き出てくるようなら、きちんと膨らむ力が残っています。

もちろん、いくらベーキングパウダーが未開封であったとしても、賞味期限切れに抵抗がある場合や少しでも不安が残る場合には使用はやめておきましょう♪

では、賞味期限が切れてしまったベーキングパウダーですが、食品として使うのはちょっと気がひけるというときには違った使い道もあるんですよ。

賞味期限切れのベーキングパウダーを捨てるのは、なんだかもったいないと感じたなら是非試してみてくださいね。

ベーキングパウダーの賞味期限切れの使い道は?

ベーキングパウダーの賞味期限切れのものの使い道として、ベーキングパウダーの持つ特性を活かした3つの使い方をご紹介しますね。

① 消臭に使う

ベーキングパウダーには重曹と同じ成分が含まれているために、消臭効果が期待できます。

使い方でいうと、

・生ごみに少量振りかける

・コーヒーフィルターなどにベーキングパウダーを入れて、こぼれないようにしてパンプスや靴などに入れておく

・小さい袋などにベーキングパウダーを入れて、封を開けたまま冷蔵庫に入れておく

・水に溶かして、消臭したいカーテンなどにスプレーする

などの使い道があります。

また、ベーキングパウダーに少量のアロマエッセンスなどを加えて、ほのかな香りをつけるのもおすすめですよ!

② 入浴剤に使う

ベーキングパウダーを水やアロマエッセンスなどに混ぜて固めて入浴剤にするという使い道もあるんですよ。

ベーキングパウダーは弱アルカリ性のため、お肌のピーリング効果も期待できますし、発泡する力が残っていれば、バスボムのような感じになることも・・・

ただし、一度にたくさんの量を入れてしまうと乾燥しやすいので、入浴剤などで使用した際には保湿をお忘れなく!

③ 洗濯物に使う

ベーキングパウダーには漂白効果も期待でき、洗濯の際に少量加えてあげるという使い道もおすすめです。

普段使いのお洋服にの洗濯に賞味期限切れのベーキングパウダーを使うのが不安ならば、お子さんの学校シューズなどで活用するのもいいですね!

もともと食品に使われるものなので、口に入れても安心ということで赤ちゃんのお洋服に使われる方もいらっしゃるんですよ♪

賞味期限切れのベーキングパウダーを掃除に使う時の注意点

また、ベーキングパウダーの主な成分に重曹に使われている炭酸水素ナトリウムが入っているので、掃除に使うこともできるんですよ。

しかし、賞味期限切れのベーキングパウダーを掃除に使う時に覚えておいて欲しいことがあるんです。

それは、ベーキングパウダーには重曹と同じ成分のものが入っているだけでなく
コーンスターチが入っていたり、添加物が入っていたりするので重曹ほどの洗浄力は期待できないということです。

ベーキングパウダーに大量の水を加えると糊のようにドロドロになってしまうので、お掃除目的だと逆に汚れてしまうこともありますので、掃除に重曹の代わりとして使用する際は、様子を見ながら使うことをおすすめします!

では、最後にベーキングパウダーを長く使えるように上手な保存方法をみていきましょう♪

ベーキングパウダーの上手な保存方法

ベーキングパウダーは粉になっているので、虫やカビを防ぐために冷蔵保存されている方も多いですし、各メーカーなども冷蔵での保存を推奨しているところもあります。

しかし、冷蔵庫の中だと結露などでベーキングパウダーが余分な水分を取り込んでしまい、膨らむ力が弱くなってしまうことがあるので注意が必要なんですね。

そこで、上手に長持ちさせるように保存するなら・・・・

① 高温多湿になりやすい夏場は冷蔵庫、冬場などは常温で保存する

② 空気を通しにくいアルミの袋に入れる

この2点を守って保存すると、長持ちします!

最初からアルミ缶などに入っているものは、そのまましっかりと封をして保存しましょう。

湿度の変化で、日持ちや使用する際の膨らむ力が変わってきてしまうので、とっても重要なポイントになります!

保存場所などの状態で季節ごとに変化させるなどして、ベーキングパウダーを上手に保存してくださいね♪

まとめ

今回は、ベーキングパウダーの賞味期限切れは未開封ならいつまで使える?使い道と保存方法もと題してご紹介してきました。

ベーキングパウダーは賞味期限表示なので、基本的には賞味期限が切れていて未開封であればまだ使えるということがわかりましたね。

しかし、未開封で賞味期限切れのベーキングパウダーを使う際は、袋に穴が開いていないか?虫などの混入がないか?などのチェックは忘れずにしてくださいね。

また、ベーキングパウダー自体は、無機質のものが多く含まれるために、腐ることはないのですが、お菓子作りなどに使用する際に、きちんと膨らむ力が残っているかを確認して使うのがベストです。

賞味期限が切れてしまって、食品として使うのに抵抗がある場合には、消臭効果や漂白効果に着目して使うこともできますし、靴の消臭や洗濯物に使う、お気に入りのおアロマオイルを混ぜて発泡入浴剤として使うなどの使い道もあります。

是非賞味期限切れのベーキングパウダーを食品以外で使用したい場合は試してみてくださいね。今回の記事は以上となります、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す